診療のご案内

内科

幅広く内科系疾患全般に対応

せき、たん、のどの痛み、急な発熱、下痢や吐き気、めまいなどの急に始まる症状から、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病をはじめとする慢性疾患まで、幅広く内科系疾患全般に対応いたします。
急な体調不良や日常的に起こる症状の診察・検査などに応じますので、はっきりとした症状が出ている時はもちろん、「具合が悪いのだけれど、何科を受診したらいいのかわからない」というような曖昧な場合も、お気軽にご相談ください。
患者様の症状について十分な時間をかけてお聞きし、丁寧な初期診療をいたします。
(いつ頃から、どんな症状が現れているのか、また既往歴についてもお伝えいただくと診察がスムーズに進みます。)

*精密検査や入院などが必要な場合には、個々の患者様の症状にふさわしい医療機関を選び、ご紹介いたします。

来院される患者様によく見られる症状

発熱、せき、のどの痛み、おなかの調子が悪い(腹痛、便秘・下痢)、吐き気、頭痛、めまい、動悸・息切れ、腰痛、疲労感、なんとなく調子が悪い、などの訴えが多く見られます。
このように、内科的な疾患はいろいろな自覚症状で始まりますが、重大な病気の前兆であることもしばしばです。
一見大したことがないように見えても侮れませんので、自覚症状がはっきりしている場合はもちろん、「なんとなく調子が悪い」というような場合も、遠慮無くご相談ください。

内科の主な診療内容

急性疾患

風邪、頭痛、のどの痛み、発熱、インフルエンザなどの急な体調不良 など

慢性疾患

生活習慣病(糖尿病、高血圧症、脂質異常症(高脂血症)、高尿酸血症(痛風)など)、メタボリックシンドローム、貧血、頭痛、逆流性食道炎(胸やけ)、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、下痢・便秘症 など *性感染症や失禁・頻尿、膀胱炎などのデリケートなお悩みもご相談ください。

小児科

些細なことでもご相談ください

発熱、鼻づまり、鼻水、咳、のどの痛み、腹痛、便秘、おう吐、下痢、夜尿症(おねしょ)、ひきつけ(痙攣)などの診療を行います。
お子様の気になる症状があれば、お気軽にご相談ください。
当クリニックでは、お子様はもちろん、親御様とのコミュニケーションを大切にしております。また、診察結果や治療方針をわかりやすく説明するように努力しております。

※詳しい検査が必要な時や、入院が必要な場合は、周辺の大学病院などの地域連携病院へ、また外科や耳鼻咽喉科、眼科等にかかわる疾患の場合は、それぞれの専門医療機関をご紹介いたします。

まずは当院をご受診ください。

お子様の容体や症状を見て、不安な時はひとまず当院までご連絡ください。
そして保護者の方は慌てず、落ち着いて声をかけたり、寄り添ったりして、お子様を安心させてあげてください。
それから、できる限り詳しく容体をチェックして、把握しておくことも大切です。
以下のような内容のメモをいただけると、診療がスムーズに進みますので、可能でしたら、ご協力ください。

  • 症状はいつ頃から出たのか
  • 熱、咳、痰、鼻水、のどの痛みの有無とその状態
  • 風邪薬や他の薬に対するアレルギーの有無
  • 現在服用している薬
  • これまでに経験した病気や手術、入院の有無
  • 食欲はあるかどうか

など

アレルギー科

蕁麻疹(じんましん)や花粉症(アレルギー性鼻炎)をはじめ、各種アレルギー疾患の診断・治療を行っております。

※アレルギー検査は、毎週土曜日に実施しています。


蕁麻疹

私たちの皮膚の表面には角層(表皮の最も外側の層)があり、外部の刺激物などの侵入から体を守っています。角層の下には表皮と真皮がありますが、真皮には蕁麻疹の原因となるヒスタミンなどを蓄えている肥満細胞(マスト細胞)が存在します。
肥満細胞がなんらかの刺激を受けると、ヒスタミンが放出されます。このヒスタミンが皮膚の毛細血管に作用すると、血液成分が血管外に漏れ出して皮膚にみみず腫れ、ブツブツ(膨疹)や赤み(紅斑)を生じ、また皮膚の神経に作用して痒みを生じます。
数分~24時間以内にできて消えていく場合を蕁麻疹と言い、4週間以内に治るものを急性蕁麻疹、それ以上続くものを慢性蕁麻疹と言います。

蕁麻疹を起こす刺激・誘因

蕁麻疹の原因は、食べ物や内服薬、細菌やウイルスの感染などさまざまで、検査としては皮内反応(少量の抗原を皮膚内に注射したとき、これによって皮膚が発赤、膨疹を起こす反応。この反応を利用して生体のアレルギー状態や免疫状態を知り、病因となる抗原の確定や病気の診断をする)や血液検査IgE RAST法(どの物質に対するアレルギーがあるかを調べる検査)、一般血液検査等を行いますが、慢性蕁麻疹では原因が特定できないことが少なくありません。
特定の刺激により症状が現れる蕁麻疹の場合は、やはり特定の刺激を避けることが大切です。下記のようなものが刺激になり得ます。

食  品 そば、エビ、カニ、果物、サバ、マグロ、豚肉、タケノコ、もち、香辛料、食品中の防腐剤、人工色素、サリチル酸
薬  剤 抗生物質(ペニシリン、セフェム系など)、解熱鎮痛剤、降圧剤など
物理的刺激 皮膚の擦れ、寒冷、温熱、日光、圧迫など
発  汗 入浴、運動、精神的緊張(冷や汗)など
そ の 他 感染症、疲労、ストレスなど

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、単にアレルギーの病気というだけでなく、皮膚が乾燥することで抵抗力が低下し、さまざまな刺激によって悪化しやすい皮膚疾患です。
アトピーのお子様の約6割は、血液検査をすれば5大食物アレルゲンのどれかに陽性を示すと言われます。しかしながら実際にその食品を食べてアトピー性皮膚炎を発症するお子様は、1割以下とみられます。
したがって食物検査が陽性だからと言って、アトピー性皮膚炎の原因がその食物であり、除去さえすれば治るというわけではありません。その食物を1週間ほど食べさせないで皮膚がきれいになり、次の1週間食べさせてみて皮膚の状態が悪くなったような場合は、その食品を3歳ぐらいまで控えると良いでしょう。
また、脂分の足りない皮膚にとっては、汗も痒みを引き起こす刺激物であり、暑い季節には、肘や膝などの関節の内側や首のしわ部分などに湿疹ができやすくなります。

ステロイドは適切に用いれば心配無用

乾燥肌や掻きこわしをそのままにしておくと、今度はハウスダストやダニなどに対するアレルギーが起こってきます。湿疹ができてしまったら、治療薬の力を借りて良い状態に戻しましょう。
アトピー性皮膚炎の治療にあたり、ステロイドの塗り薬に抵抗感をお持ちの方が少なくありませんが、症状に応じて必要な量を必要な期間だけ使い、症状が軽くなったら薬を減らしたり、弱いものに変えたりするように適切に用いれば、何ら心配はいりません。そしてお肌の状態が良くなった後は、保湿剤でスキンケアを続けることが大切になります。

アレルギー性鼻炎(通年性)

アレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となる物質)を吸入することで、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が出ます。風邪と違って、のどの痛みや熱などは伴いません。

アレルギー性鼻炎の原因と治療

原因は家の埃やダニの糞・死骸です。ペットのフケやカビも原因となります(血液検査によって抗体を測定することで、何に対するアレルギーかを知ることができるケースがあります)。
アレルギー性鼻炎の症状を軽くするには、とにかくダニの糞や死骸、家の埃、ペットのフケ、カビなど、アレルギーの元にさらされる状態をできるだけ避けることです。こうした策を講じた上で、抗アレルギー薬の飲み薬や鼻スプレーで症状を抑えていきます。

花粉症

日本における花粉症患者の数は増加の一途をたどっており、今や5人に1人が花粉症と言われます。まさに“国民病”の観さえ呈しています。
原因は食生活や住環境の変化により、アレルギー体質の人が増加していることや、大気汚染(ディーゼルエンジンの排気ガス)など、さまざまな要因が考えられていますが、基本的には戦後植林したスギ林の樹齢が30年を超えて花粉の量が著しく多くなっているのが大きな原因とみられています。
花粉症とは、アレルギー性鼻炎の一種で、特に植物の花粉が原因となって、立て続けのくしゃみや鼻水、鼻づまり、目の痒み、目の充血、涙などの症状を引き起こします。
スギやヒノキの花粉がよく知られていますが、これら以外にもアレルギーを引き起こす植物には、イネ科のカモガヤやハルガヤ、キク科のブタクサ、ヨモギほか、たくさんの種類があります。

花粉症の治療法

花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎は、治療を始める前にアレルギーの原因を特定することで、症状を起こりにくくすることができます。
アレルギー検査では、問診や鼻鏡検査を行うとともに、血液検査によってアレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となる物質)を特定します。その上で治療は、抗原回避(アレルゲンを近づけない環境整備)および薬物療法を中心に進めます。

皮膚科

皮膚病と上手につき合っていくお手伝い

皮膚の病気には、たくさんの種類があります。
原因もいろいろで、外的因子によるもの、内的因子によるもの、加齢によるものなど、極めて多様です。
簡単に治るものもありますが、根気よく気長につき合っていく必要のある慢性疾患も少なくありません。しかも治療法は限られています。しかし、たとえ決定的な治療法は無くても、適切なスキンケアと軟膏などの外用療法を行うことによって、より良い状態を保ち、こうした皮膚病と上手につき合っていくお手伝いをいたします。

思わぬ内科的疾患が見つかるケース

また、「皮膚は内臓を映す鏡」という言葉を耳にされたことがおありかと思います。内臓をはじめとする体内の状態や血行の調子、ホルモンバランス、ストレスの有無などが複雑に絡み合って、皮膚症状として現れて来ることが少なくないのです。
ですから、小さな皮膚疾患を検査しているうちに思わぬ内科的疾患が見つかるケースもありますので、皮膚の異常が見られたら、早めにご相談ください。

皮膚科全般に対応

以下のような疾患はご相談ください。

アトピー性皮膚炎

湿疹

虫刺され

とびひ

水虫

いぼ

みずいぼ

たこ

うおのめ

単純ヘルペス

帯状疱疹

皮膚潰瘍

褥瘡(床ずれ)

やけど

など、皮膚科全般の診療をいたします。外傷や熱傷の治療なども、まずはご相談ください。

診療時間表

診療科目

  • Topへ